1. HOME > 
  2. 荒井のアラ★いいね! > 
  3. Vol.10 当たり前グランプリ2015 結果報告会

Vol.10 当たり前グランプリ2015 結果報告会

今回は、先日2月7日(日)に行われた、
「当たり前グランプリ2015 結果報告会」についてレポートさせて頂きます。

160223-img05.png

当たり前グランプリとは

黒沼協同会計事務所様が主催の「当たり前グランプリ」は、「当り前のことをどこよりも徹底してやることで、企業としての底力を養う」ということをテーマに、「誰でも出来る当たり前のことを、誰も真似できないほど徹底的に堀り下げ、思考し且つ追及・実行すること」を企業間で切磋琢磨に競い合い、最も輝く企業を選出する企画です。

 

弊社が1年間取り組んでいたテーマは「そこまでやるかが当たり前」

弊社では「そこまでやるか」「残り10%のツメ」ということを意識して、業務外においても徹底した活動を日々行ってきました。
中でも、社員全員が一丸となって取り組むことが出来た「社内朝礼コンテスト」について、弊社を代表する三名がプレゼンを行いました。

160223-img01.png 160223-img02.png

朝礼コンテストの活気が伝わる素晴らしいプレゼンから、1年間努力した達成感と、活動への自信を感じることが出来ました。

参加された他社樣のプレゼンからは、弊社に不足していることをいくつも勉強させて頂きました。

黒沼共同会計事務所様の発表から、倉庫の整理整頓のために模型作りから始め、模様替え後も倉庫の環境を保つことで、業務の効率化を図る「徹底ぶり」を。今回グランプリに輝いた株式会社 ヤマガタ共同様からは、少数性の委員会活動による社員の方々の「団結力」「率先力」を学ばせて頂きました。

160223-img04.png 160223-img03.png

この「当たり前グランプリ」の生みの親でいらっしゃる 志ネットワーク 上甲 晃先生の講話の中では、「見えないところを磨くと、見えるところが光る」という言葉を頂きました。

この言葉から、継続することで初めて自己の成長に繋がり、自己の成長が会社の成長になるということを学び、弊社が「当たり前グランプリ」に参加させて頂いている理由をはっきりと理解することが出来ました。

今回は惜しくもグランプリを逃しましたが、この悔しい思いと自己の成長のために、今年も社内での活動に取り組みたいと身が引き締まりました。
今年こそグランプリ目指して、今後は「そこまでやるか」を掘り下げて行きます。

お問い合わせ

ブランディング、プロモーション、Webマーケティング、セミナーについてのお問い合わせフォーム メディアについてのお問い合わせフォーム