1. HOME > 
  2. 社長 岩見のコラム > 
  3. 皆が「その気」になった瞬間、会社は大きく変わる。

皆が「その気」になった瞬間、会社は大きく変わる。


130315_1.jpg

なぜ底力を養おう!なのか?すべては良い根づくり、土づくりが大切。

 

ではどうすれば皆が「その気」になりますか?
 
山形県中小企業家同友会の3月例会に報告者としてお招き頂きました。
当日は、会員、オブザーバー含めて63名が出席。報告テーマはわが社の人材育成。そこで「底力を養おう」というテーマでお話をさせて頂きました。持ち時間は50分。その後50分のグループ討論。インプットしたら必ずアウトプットさせる。この討論こそが同友会の同友会たる所以でテーマをもとに自分の考えや課題を発表。異業種の様々な考えやアドバイスを聴きながら自社、自分を検証する。いわば他流試合です。
 
報告の50分間は長いようで短く、ついあれもこれもで・・。伝えたいことが伝わったのだろうか?具体性に掛けたのでは?という問を残したまま終了しました。
 
グループ討論終了後、補足、質問に応える時間が5分あり、多くの質問を頂きましたが、その中で一番多い質問が「どうすれば皆がその気になりますか?」でした。
 
Q どうすれば皆がその気になりますか?
 
A この問は、私にとっても大きな課題です。結論は、人は変えられない。人を変えようと思うならば自分を変えるしかない。企業経営は99%社長で決まる。つねに社長の本気さが見られています。やって欲しい事を誰よりも熱心に率先してやる。そして同じ空間、時間、テーマを共有して一緒に学ぶ。情報を共有する事で共通の判断・結論が見えてくる。時間は掛かりますが諦めなければ結果はついてきます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
◆再春館製薬 西川通子会長の言葉
私はいつも沸騰点の100度でいます。役員は最低90度でいなさい。管理職は80度。社員は70度でいなさい。と毎日、毎日、言い続けています。
 

お問い合わせ

ブランディング、プロモーション、Webマーケティング、セミナーについてのお問い合わせフォーム メディアについてのお問い合わせフォーム