1. HOME > 
  2. マーケティング > 
  3. ブランドとブランディングとは?

ブランドとブランディングとは?

ブランディングとは?

ブランディングの仕事に関わるようになってから、様々な書籍や講演を聞いたりしていますが、ブランディングを専門としている人が10人いると10人ともブランディングとは?という説明が違うのです。

ちなみに、Wikipediaでは、

顧客の視点から発想し、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略のひとつ。

と言っています。

顧客にとっての価値を高めていくことが「ブランディング」と定義されています。

それぞれの認識が様々であっても、Wikipaediaは多くの人の過失修正が加わっているので、一つの答えだと思います。

では、ブランドってどうやって作るのか?

ブランドを同じようにWikipediaで検索すると、

あるサービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。

と言っています。

ブランディングでは、マーケティング戦略のひとつ。と言っていたのに、ブランドを定義するときには、マーケティングは出てきません。

一体何なのか?

ここでは、イメージの総体という表現をしていますが、狭義の意味ではマーケティング戦略のひとつであることは間違いありません。しかし、ブランド言った場合、現在はその適用範囲が広く、定義も広義の意味でイメージの総体という表現をせざるを得なくなって来ているのです。

ブランドを作ることがブランディングではなく、価値を高めていくマーケティング戦略がブランディングなのです。

お問い合わせ