1. HOME > 
  2. 社長の流儀 > 
  3. 株式会社多利加様

株式会社多利加様

tarika_main.png

難工事も短期間で。 お客様からの期待を上回る仕事で応える

tarika03.png
「利他」の精神から生まれた社名

 株式会社多利加の主な業務は、商業施設 や老健施設、またマンションや病院などを 中心とした内装工事。軽鉄・ボード・内装 仕上げ・カーテン・ブラインド・OAフ ロアなど幅広く手がける企業は、山形県内でもそれほど多くない。

 「協力会社・職人さんも多く、職人数が 毎日五十人を超すような大規模工事にも対応できるのが大きな強み。一社では施工 が難しい工事や短期間での工事にもトータルに応えることが可能です」と、鈴木社 長は言う。

 さらに、少数精鋭主義を貫き、創業二十 周年を迎えた現在、社員数は五名。現場ご との管理を一人ひとりが担当し、営業から 見積もり、工事管理、引き渡しまでに責任 を持つ。そのため、顧客にとって責任の所在が明確であると同時に、社員一名あたり の利益率の高さも多利加の特色の一つである。

内装職人から増改築会社起業へ。 それは自らのリノベーションだった。

tarika01.png
「初志貫徹」と学びの社風が多利加成長の秘密

 鈴木社長が株式会社多利加を起業したのは平成七年。それ以前は、内装職人として父親とともに家業を支えていた。起業のきっかけは受け取った手形の不渡り。債務 をかかえ、会社組織にして売上を大きくし 返済するか、自己破産するか、二つの選択肢しか無かったと鈴木社長は当時を振り 返る。

 「言わば、崖っぷちでの起業で、将来的 なビジョンを考えるような余裕はありませんでしたが、山形で一番になりたいとだけは思っていました。それ以来、会社の経営に徹するため、職人としての仕事は一度 もしていません」。 会社はつくったものの、それまで一職人だった鈴木社長には信用も実績もなく、当然ながら思ったような受注は得られるは ずもなかった。

 「その頃、トイレ1カ所のクロス張り替えの仕事をいただいて。その時のありがたさを今も鮮明に覚えています。これからも決して忘れてはいけないと思っていま す」。 仕事を依頼してくれたお客様の期待を決して裏切らない。誠実に、確実に、期待 以上の仕事をする。すべての活動の原点を 自分たちではなくお客様のために。「多利 加」の社名はこの「利他」の考えに由来し ている。

 「利益を上げるというのは、対価より価値が勝ることにほかなりません。別の言い方をすれば、お客様からの期待を上回る仕事への評価をいただけて、はじめて自分たちの利益に繋がっていくのだと考えています」。

社員全員がほぼ「社長権限」を持つための、 スキルアップと情報共有

tarika.png
毎週行われる経営会議と情報共有ミーティング

 「社長をやっているから、私だけが特に 能力が高いということは決してないんです」と鈴木社長。

 「経営者マインド、つまり社員の一人ひとりがどれだけ責任を持つかによって、私以上に成長する可能性がたくさんあります。そういった社員の人間的な成長や能力アップも、企業としての社会的責任、社会への貢献だと考えています」。

 社員の「経営者マインド」を問う企業は少なくない。しかし、そのためには経営者 と同等の「権限」を預けることが大切であり、これを実現できている組織は稀かもしれない。「利他」の経営理念とともに、多利 加の成長のもうひとつの理由がここにある。権限と責任をまっとうできる力を身につけるためのスキルアップにも積極的だ。

 「研修の機会も多く設けており、社員全員が勉強熱心です。毎週行われる目標達成 のため会議や情報共有も欠かしません」。

社会が抱える課題に取り組む、 新規事業への夢と地域への貢献。

tarika01.png
「初志貫徹」と学びの社風が多利加成長の秘密

 鈴木社長の次なる目標は、自己資本を積み、新規事業に投資していくことだという。現在、地方に限らず空き家問題が社会 的な課題として注視されているが、これは一軒家のみならず、ビルやマンションにお いても同様の問題を抱える物件が増加し ている。

 「老朽化などの理由で借り手不足に悩む オーナー様から、ビル・マンションを弊社 で買い取り、リノベーション、リビルドを 行って今一度社会に還元していければと 考えています」。

 下請け中心の受注シェアの見直し、企画・提案力の強化、さらには事業を進める 過程での人材の育成などを見据えた企業経営。これらに加えて、より永続性があり、 お客様からも喜ばれる商品とサービスの創造が、今後の課題であり目標である。

 鈴木社長の座右の銘は「初志貫徹」。そして一番大切にしていることは「自分自身を含め、社員も会社も、他者から期待され、必 要とされる存在になっていくこと」。利他の精神に一貫した株式会社多利加 の理念は、鈴木社長のもと、次のステージ に向かおうとしている。

▶︎ PDFデータはこちら

●株式会社 多利加(タリカ)
設立 1995年(平成7年)2月
本社 〒990-0034 山形市東原町三丁目4番8号
TEL:023-631-9680
FAX:023-631-9681
URL http://www.tarika.co.jp/
事業内容/住宅・店舗・マンションのリフォーム、増改築、内外装工事

●鈴木真一 プロフィール
昭和42年、上山市生まれ。48歳。
中学時代は競技スキーに取り組み、全国中学スキー大会6位入賞を果たす。高校卒業後、父親とともに家業である内装業に従事。平成7年、株式会社多利 加起業と同時に代表取締役に就任、現在にいたる。妻、二男一女。

お問い合わせ

ブランディング、プロモーション、Webマーケティング、セミナーについてのお問い合わせフォーム メディアについてのお問い合わせフォーム